データから見た逆境に強い子どもを育てる方法

データから見た逆境に強い子どもを育てる方法

  変動性、不確実性、複雑性、曖昧性が高いと言われているVUCAな現代の激動の環境では、今までとは異なる能力が必要とされています。   単純に知識やノウハウを詰め込むだけでは足りないと考えられ、近年では特にメンタルの強さが注目を受けています。先が読めない時代の中では逆境や不確実性にも対抗できる人が必要だと考えられており、その表れとして、忍耐力(グリット)や挑戦し続ける姿勢、グロースマインドセット等をテーマにした本や研究が多く発表されています。  ...
やり抜く力を極めて、モチベーションをあげる3つの方法

やり抜く力を極めて、モチベーションをあげる3つの方法

いくら大好きな趣味でも、やりがいのある仕事でも、「今日はやる気出ないな」、「気が乗らないな」と思ってしまう日はありませんか? そんな時、あなたのモチベーションの向上に必要なのは、 「レジリエンス(やり抜く力)」です。 最近の研究(英文)では、あなたの心構え次第で、レジリエンス能力を高めていくことが可能だということが分かってきています。 ここでは、レジリエンス能力を高めるる方法を3種類、シチュエーション別でご紹介します! ↓↓↓   レジリエンス能力を高める方法とは?   1:「I have...
一流になる方法:スポーツ心理学から学ぶ質の高い意図的な練習

一流になる方法:スポーツ心理学から学ぶ質の高い意図的な練習

「1万時間」練習すれば、プロレベルになるわけではない 練習とは時間を多くかけることが大事であると考える方は多いのではないだろうか。 また、1万時間の練習をすれば、その分野で活躍するトップの一員になれるという話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。これはMalcolm Gladwell氏が「天才!成功する人々の法則」で紹介したことによって、世の中で広まった法則である。しかし、Gladwell氏がこの法則を発表した元となる研究を行ったAnders Ericsson氏は単に1万時間かけるだけでは足りないと言及している。...
一流になる方法:第一歩は探求すること、関心ごとを見つけること

一流になる方法:第一歩は探求すること、関心ごとを見つけること

以前のブログ(成功に必要なのはやり遂げる力(GRIT))では、成功するには物事をやり遂げる力(GRIT)が必要であることを紹介しました。ではGRITを発揮して、それぞれの分野で成功している人たちはどのようにして最初の一歩を踏み出しているのか。 GRITの対象となる関心事を見つける GRITの提唱者であるAngela Duckworth氏は、GRITは忍耐力であると話している。ただ、本質的に関心を感じられないことに忍耐力を発揮するのは難しいとも言及しており、そのためGRITの対象となる関心事を見つけることが重要となる。...
成功に必要なのは、諦めずやり遂げる力(GRIT:グリット)

成功に必要なのは、諦めずやり遂げる力(GRIT:グリット)

「数学で平均点以下を取ってしまったから、明日から頑張る。」 と意気込んで、3日後には、「やろうとは思ってるけどやる気が出ない」 とベッドでゴロゴロしてしまうことはありませんか? これは日常の「よくある」風景ですが、もしもこの行動が癖になってしまうと、目標達成に繋がらなさそうなことは想像がつきますよね。 成功に必要なのは才能ではなく、「やり遂げる力(GRIT)」!? ペンシルバニア大のAngela Duckworth氏は、TED...