Our Team


町田 来稀

ImaginEx 代表取締役

米ブラウン大学生物学部人間生物学科卒。卒業後はC型肝炎のワクチン開発の研究に取り組む。2013年からは日本初となる全寮制インターナショナルスクール(ISAK)の立ち上げメンバーとして活躍。世界的に活躍するコーチのデーヴ・モーケル、MITのピーター・センゲや米国のマインドフル・スクールにトレーニングを受け、アジャイル開発の認定スクラムマスター及びMBTI認定ユーザーでもある。世界40都市、7000人以上にワークショップを行う経験を持つ。

野崎 智成

活育教育財団 共同代表理事

1978年生まれ、佐賀県唐津市出身。三重大学卒。2004年、(株)エス・エム・エス (東証2175)へ参画。営業・マーケティング・管理・事業開発・子会社立上げ等の役割を歴任、会社の発展に尽力。2013年、同社を退社。エスエムエス創業者の諸藤周平と、(株)Viling Holdings及び(財)活育教育財団を設立、代表理事に就任。「イキイキと生き続ける力を引き出す」をミッションに、キャンプ・アフタースクール・教育特化インキュベーションなどの事業を推進中。

山本 つぼみ

海外進学メンター/プログラム開発

米Wesleyan University 在学中。柳井正財団奨学生。大阪府立箕面高校卒業。「地方公立高校」「留学経験ゼロ」「苦手科目は英語」のバックグラウンドから、高校のサポートを受け、独学で全米9位のWesleyan Universityに合格。日本・オーストラリアの大学、日本人として初めてミネルバ大学にも合格。特技は演劇・ダンスで、中高時代はプロの劇団に所属。高校ダンス部の全国大会では選抜メンバーとして出場。ビジネスコンテスト・プログラミングスクールなど様々なイベント・ワークショップの運営に関わった経験を持つ。大学では東アジア学を専攻予定。

安部 望海

ファシリテーター/リサーチャー

慶応義塾大学在学中。小学から高校卒業までを英国・米国で過ごす。大学入学前に行った2カ月間の孤島でのボランティアを通じ、自然と人間、対人関係に興味を持つ。大学入学後、NYを拠点とするEileen Fisher Leadership Institute等との関わりを通じ、デザイン思考・リーダーシップを学ぶ。

デーヴ・モーケル

カリキュラム・アドバイザー

5年間、米国の名門校で脳科学、物理学、リーダーシップ、ウェルビーイング(幸福)の教師を務める。独立後は世界中の経営者、スポーツ選手、保護者、教員や生徒向けに、科学と研究に基づいたコーチングを行い、学校や企業向けにも持続的かつポジティブな環境作りを支援するコンサルタントとして活躍。

下島 一晃

オペレーションズ・マネージャー

早稲田大学国際教養学卒。バイリンガル講師のみを採用する企業で英語講師を務め、社内トップ講師の一人として活躍。2012年からは軽井沢のインターナショナルスクール(ISAK)の立ち上げに参画し、組織として持続的な成長を実現するための調査に基づいた組織改革の実行を担当。バークレイズ証券株式会社にて世界中の投資家を顧客にビジネスを行った経験も持つ。ハーバード大学の発達心理学者ロバート・キーガン教授から直接トレーニングを受けている。

藤田 祐美

プログラム・ディレクター

上智大学文学部卒。卒業後は公益財団法人日本英語検定協会に勤務し、英語教育現場へのコンサル活動を実施。2014年に独立し英語学校を立ち上げ、TOEFL iBTやTEAP、英検などの試験を活用したカリキュラム開発、教員研修を行う。現在は上智大学院言語科学研究科に在籍し、英語教授法とモチベーションを研究。「学びは遊び、遊びは学び」をモットーに、英語を使って学ぶ様々なプログラムを学校や教育機関と共同開発する。共著書に『TEAP全パート徹底トレーニング』、『よく出る5テーマ別英検総合トレーニング2級』(三修社)。毎日ウィークリーにコラムを連載。

船田 美咲

海外進学メンター/プログラム開発

米Hamilton College在学中。柳井正財団奨学生。トビタテ!留学JAPAN高校コース2期生として、高校2年次に米国インディアナ州で1年間現地の高校に通う。高校3年次に東京大学でワークショップ作成のゼミを受け、同校で授業改革のためのアプリ開発にも参画。世界一周プレゼンコンテスト「DREAM」では、約2000名の応募者の中から優勝。高校卒業後は、日本中の教育関係者を訪れるためにひとり旅を決行し、全国各地で中高生向けに講演会を行った経験を持つ。

下向 依梨

カリキュラム・アドバイザー

大阪生まれ。慶應義塾大学総合政策学部在学中、社会起業家育成のパターン・ランゲージを開発、出版。その後、米国・ペンシルベニア大学教育大学院で発達心理学(Social Emotional Learning)において修士号を取得。帰国し、東京のオルタナティブスクール(小学校)で教鞭を執る。現在は、教育クリエイターとして、教育委員会のコンサルティングや若者向けのみならず、シニアに向けた「学び探究する面白さ・楽しさ」を感じる教材づくりに従事。

写真をクリックすると
プロフィールをご覧いただけます

町田 来稀

ImaginEx 代表取締役

米ブラウン大学生物学部人間生物学科卒。卒業後はC型肝炎のワクチン開発の研究に取り組む。2013年からは日本初となる全寮制インターナショナルスクール(ISAK)の立ち上げメンバーとして活躍。世界的に活躍するコーチのデーヴ・モーケル、MITのピーター・センゲや米国のマインドフル・スクールにトレーニングを受け、アジャイル開発の認定スクラムマスター及びMBTI認定ユーザーでもある。世界40都市、7000人以上にワークショップを行う経験を持つ。

下島 一晃

オペレーションズ・マネージャー

早稲田大学国際教養学卒。バイリンガル講師のみを採用する企業で英語講師を務め、社内トップ講師の一人として活躍。2012年からは軽井沢のインターナショナルスクール(ISAK)の立ち上げに参画し、組織として持続的な成長を実現するための調査に基づいた組織改革の実行を担当。バークレイズ証券株式会社にて世界中の投資家を顧客にビジネスを行った経験も持つ。ハーバード大学の発達心理学者ロバート・キーガン教授から直接トレーニングを受けている。

野崎 智成

活育教育財団 共同代表理事

1978年生まれ、佐賀県唐津市出身。三重大学卒。2004年、(株)エス・エム・エス (東証2175)へ参画。営業・マーケティング・管理・事業開発・子会社立上げ等の役割を歴任、会社の発展に尽力。2013年、同社を退社。エスエムエス創業者の諸藤周平と、(株)Viling Holdings及び(財)活育教育財団を設立、代表理事に就任。「イキイキと生き続ける力を引き出す」をミッションに、キャンプ・アフタースクール・教育特化インキュベーションなどの事業を推進中。

藤田 祐美

プログラム・ディレクター

上智大学文学部卒。卒業後は公益財団法人日本英語検定協会に勤務し、英語教育現場へのコンサル活動を実施。2014年に独立し英語学校を立ち上げ、TOEFL iBTやTEAP、英検などの試験を活用したカリキュラム開発、教員研修を行う。現在は上智大学院言語科学研究科に在籍し、英語教授法とモチベーションを研究。「学びは遊び、遊びは学び」をモットーに、英語を使って学ぶ様々なプログラムを学校や教育機関と共同開発する。共著書に『TEAP全パート徹底トレーニング』、『よく出る5テーマ別英検総合トレーニング2級』(三修社)。毎日ウィークリーにコラムを連載。

安部 望海

ファシリテーター/リサーチャー

慶応義塾大学在学中。小学から高校卒業までを英国・米国で過ごす。大学入学前に行った2カ月間の孤島でのボランティアを通じ、自然と人間、対人関係に興味を持つ。大学入学後、NYを拠点とするEileen Fisher Leadership Institute等との関わりを通じ、デザイン思考・リーダーシップを学ぶ。

山本 つぼみ

海外進学メンター/プログラム開発

米Wesleyan University 在学中。柳井正財団奨学生。大阪府立箕面高校卒業。「地方公立高校」「留学経験ゼロ」「苦手科目は英語」のバックグラウンドから、高校のサポートを受け、独学で全米9位のWesleyan Universityに合格。日本・オーストラリアの大学、日本人として初めてミネルバ大学にも合格。特技は演劇・ダンスで、中高時代はプロの劇団に所属。高校ダンス部の全国大会では選抜メンバーとして出場。ビジネスコンテスト・プログラミングスクールなど様々なイベント・ワークショップの運営に関わった経験を持つ。大学では東アジア学を専攻予定。

船田 美咲

海外進学メンター/プログラム開発

米Hamilton College在学中。柳井正財団奨学生。トビタテ!留学JAPAN高校コース2期生として、高校2年次に米国インディアナ州で1年間現地の高校に通う。高校3年次に東京大学でワークショップ作成のゼミを受け、同校で授業改革のためのアプリ開発にも参画。世界一周プレゼンコンテスト「DREAM」では、約2000名の応募者の中から優勝。高校卒業後は、日本中の教育関係者を訪れるためにひとり旅を決行し、全国各地で中高生向けに講演会を行った経験を持つ。

下向 依梨

カリキュラム・アドバイザー

大阪生まれ。慶應義塾大学総合政策学部在学中、社会起業家育成のパターン・ランゲージを開発、出版。その後、米国・ペンシルベニア大学教育大学院で発達心理学(Social Emotional Learning)において修士号を取得。帰国し、東京のオルタナティブスクール(小学校)で教鞭を執る。現在は、教育クリエイターとして、教育委員会のコンサルティングや若者向けのみならず、シニアに向けた「学び探究する面白さ・楽しさ」を感じる教材づくりに従事。

デーヴ・モーケル

カリキュラム・アドバイザー

5年間、米国の名門校で脳科学、物理学、リーダーシップ、ウェルビーイング(幸福)の教師を務める。独立後は世界中の経営者、スポーツ選手、保護者、教員や生徒向けに、科学と研究に基づいたコーチングを行い、学校や企業向けにも持続的かつポジティブな環境作りを支援するコンサルタントとして活躍。

Key Partner

イマジネックスの思い


一人ひとりのポテンシャルを最大限に引き出し、自分らしく、幸せに生きる人を増やしたい。

ほんの些細なきっかけ次第で、人の人生は大きく変わります。誰に出会ったか、どのような教育を受けたか、どんな経験をしたかによって、子ども達の才能は開花されます。その力を最大限に引き出すことが、ImaginExの使命としています。

そのための一手段として、社会で活躍するために大切なスキルを身につけるプログラムを、学校や地域で提供しております。国内・海外問わず、多様なバックグランドを持った人とのコミュニケーション能力、課題の発見と解決能力、周り人のモチベーションをあげるリーダーシップ能力等が、今後の社会ではますます必要とされます。

それらのスキルを大人になってから学び始めるのではなく、子どものころから実践することで、「きっかけ」となる人との出会いや経験も増えると考えています。さらに、AIやITの発展、働き方やライフスタイルの変化、また学校や職場で益々進む多様化などにより、社会は著しいスピードで進化しています。だからこそ、固定概念に囚われず、その進化に対応できる能力が最も必要とされています。したがってImaginExでは知識やスキルだけではなく、「自ら学ぶマインドセット」、つまり生涯学び続けようと思う姿勢を育成することを重視しています。

学び続けようという「マインドセット」と、進化する社会に必要とされる「スキル」を身につけることで、周りを巻き込みながら目標に向かって行動が取れる若者が増えていくでしょう。さらに、「マインドセット」「スキル」に加え、基礎的・専門的な「知識」も必要になります。学校や教育団体、自治体や企業との連携を通じて、「マインドセット」「スキル」「知識」をバランスよく子どもたちに身につけてもらえる教育の場が普及するよう、努めてまいりたいと思っています。

会社概要

会社名:

株式会社ImaginEx

所在地:

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区 駅前本町11-2 川崎フロンティアビル4階

設立:

2017年5月16日(2015年10月にプロジェクト開始)

事業内容:

●教育・研修業務の企画・運営
●人材育成、企業経営のコンサルティング
●通訳・翻訳事業

代表者:

町田来稀

お問い合わせ先:

お問い合わせフォーム

会社概要

会社名:

株式会社ImaginEx

所在地:

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区 駅前本町11-2 川崎フロンティアビル4階

設立:

2017年5月16日(2015年10月にプロジェクト開始)

事業内容:

●教育・研修業務の企画・運営
●人材育成、企業経営のコンサルティング
●通訳・翻訳事業

代表者:

町田来稀

お問い合わせ:

お問い合わせフォーム