PROGRAM 08

自他を理解する
性格検査

Understanding Self and Others

自他を理解する
性格検査

―MBTIで自分や他者の
傾向を理解する―

なぜ相手はこんな考えを持っているんだろう?
なぜ同じ言葉でも相手によって伝わり方が違うのだろう?

人はそれぞれの考え方や傾向があり、それが行動に表れます。
このプログラムでは、世界45ヶ国以上で活用されている心理学者ユングの理論に基づいたMBTIという性格検査を活用します。自分のことをより深く理解すると同時に、同僚や部下等の他者との関係構築や効果的なコミュニケーションに役立つ洞察力及びスキルが身につくプログラムです。自らの強みや傾向を理解し、それら活かしながら他者との効果的な働き方が見えてきます。

MBTIでは4つの指標で性格を分類しています。
1) 内向 (I) – 外向 (E)
2) 感覚 (S) – 直感 (N)
3) 思考 (T) – 感情 (F)
4) 判断的態度 (J) – 知覚的態度 (P)

本プログラムでは事前のオンラインテスト及び当日のアクティビティを通して、それぞれの指標に基づき自分を分析します。そのプロセスを経て、16のタイプから自分の性格タイプを判断します。

自らの性格タイプを理解した上で、別のタイプがどのような傾向を持っているのかを学びます。それぞれのタイプによって効果的なコミュニケーションが異なるので、自分のタイプ及び同僚のタイプをより深く理解することでお互いにとって効果的なコミュニケーションの取り方が身につきます。それによって、チームとしてお互いの強みや傾向を活かすことが実現できます。

プログラム内容

自分の強みや傾向を理解して、それらを活かしながら活躍する方法が身につく

他者の傾向を理解することで、効果的なコミュニケーションや働き方が習得できる

お互いの違いを理解し、補完しあえるチームが実現できる

通常プログラム実施時間:
3〜5時間

このような方や
組織にお勧め
しています

・ 組織のメンバーにそれぞれの強みや傾向を理解していただき、お互いの多様性を力へと変えられる組織を構築したい方
・ メンバー内の人間関係によるストレスを減少し、チームの絆を強めたい方
・ お互いの傾向を理解することで可能となる、より効果的なコミュニケーションをチーム内で実現したい方